ウーピー・ゴールドバーグが『天使にラブソングを…』のミュージカル舞台に登場

2010/08/11 13:26|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[イギリス/ロンドン発]
日本でも大人気だった映画『天使にラブソングを…』のミュージカル舞台「Sister Act」に、映画でデロリスことシスター・メアリー・クラレンス役を演じた女優ウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)が出演した。
ウーピー・ゴールドバーグ

『天使にラブソングを…』のミュージカル舞台に修道院長として出演したウーピー・ゴールドバーグ。(2010年08月10日撮影、イギリス/ロンドン)(C)Rex Features/アフロ

1992年・93年の大ヒット映画『天使にラブソングを…』で、主演を務め人気を不動のものとしたウーピー・ゴールドバーグ
売れないクラブ歌手が、殺人現場を目撃したため命を狙われるが、修道院に逃げ込んだのがキッカケで匿われることになり、そこで様々な騒動を起こすというミュージカル・コメディー
映画『天使にラブソングを…』

女優のウーピー・ゴールドバーグ(右)とウェンディ・マッケナ。大ヒット映画『天使にラブソングを…』より。(1992年)(C)Photofest/アフロ

今回、ウーピーがプロデューサーとして製作を支援している上演中のウエストエンドで、8月10日から31日までの期間限定で出演することになったウーピー
さすがに、シスター・メアリー・クラレンス役ではなく、修道院長として出演しているウーピーですが、54歳にして、あのノリのあるダンスを堂々披露!
ウーピー・ゴールドバーグ

『天使にラブソングを…』のミュージカル舞台に修道院長として出演したウーピー・ゴールドバーグ。まだまだ踊れる!?(2010年08月10日撮影、イギリス/ロンドン)(C)Rex Features/アフロ

今回の舞台で主役を演じているパティナ・ミラー(Patina Miller)との2ショットも見せていました。
ウーピー・ゴールドバーグとパティナ・ミラー

『天使にラブソングを…』のミュージカル舞台に修道院長として出演したウーピー・ゴールドバーグ(右)と主役を演じたパティナ・ミラー。(2010年08月10日撮影、イギリス/ロンドン)(C)Rex Features/アフロ

ウーピーの出演は8月末までですが、舞台「Sister Act」のウエストエンド版は10月30日にクローズ予定、2011年春からはブロードウェイでの公演が決定しています。


↓これ、ホントに面白い…。



  • twitter

    facebook