ジュード・ロウ、ロバート・ダウニー・Jrとは「複雑な関係」?

2012/02/16 18:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[日本/東京発]
来日中のジュード・ロウ(Jude Law)が15日、都内で行われた出演映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』の記者会見に登場。「コンニチハ」と日本語で挨拶し、映画や衣装の話を始め、共演者のロバート・ダウニー・Jrノオミ・ラパスガイ・リッチー監督について、ユーモアを交えながら真剣に語った。
ジュード・ロウ

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』の来日記者会見に登場したジュード・ロウ。(2012年02月15日撮影、日本/東京)(C)アフロ

★シャーロック・ホームズは色んなバージョンがありますが、作品に忠実でありながら新鮮味を出すために行ったことはなんですか?
役柄については全員が常に考えてたことだよ。特にワトソンに関してはベイジル・ラスボーン主演のものや、TVシリーズを見ると、原作とは違うワトソン像というのが出来ていると思うんだ。今回は原作に立ち戻り、本に忠実でありながら私の解釈、新鮮さをとりいれたよ。ワトソンは年をとっていてノロマ、愚か者というイメージがあるけれど、実際は軍隊でも活躍し、パートナーとしてアクションに関わるんだ。


★前作に引き続きロバート・ダウニー・Jrとの共演ですが、久しぶりに演じた感想は?また、ロバート・ダウニーの女装が衝撃でしたが最初に見てどう思いました?
(女装に関して)ちゃんと彼だってわかったよ(笑)。1作目で初めて会った時から彼とはすごく気が合ったんだ。仕事をするにつれどんどん仲良くなったよ。1作目は時間の制約があったり、自信のなさから試せないことがたくさんあったんだけれど、そういうアイデアをもちこんで今回は一緒に仕事をしたよ。ホームズとワトソンのように僕等の関係は忠誠心が高く、楽しく複雑なものなんだ。


★意味深な「複雑」について聞かれると…
「どんな友情でも、そうじゃないかな?」と意味深な回答をしたジュード。


★見どころ、印象深いアクションシーンは?
すごく気に入っているのは森の中のチェイスシーンだね。走るのが本当に凄く大変だったんだ。最終的にどんな見た目になるのかまったく分からなくて、あんなにスローモーションで撮られることになるなんて最初は分からなかったからすごく楽しみだったよ。あとはユーモアがたっぷりの列車のシーンだね、カウボーイみたいなチェイスがすごく楽しかったよ。


★衣装がとてもかっこいいのですが、その衣装でアクションシーンは大変だったのでは?
1作目でワトソンは伝統的に見えるものにしようと、ハリスツイード(ハリス島で作られる英国の高級ツイード)の3ピースだったんだけれど、今やツイードのファンだね。伸縮性もあって着れば着るほど体にフィットするし、防水効果もあるんだ。暖かい上に暑ければ上着を脱げばいいし、雨が降ればささっと払えるし、かっこよくスマートに見えるんだ。でも高い襟が居心地わるくて、それだけが難点だったね。
帽子がワトソンの特徴の一つだけど、アクションシーンが多いから、いつも「帽子はどこ!?」ってなっていたよ。ここで落としていいのか、被っていた方がいいのか、どうやって取り戻すのか…帽子に関してかなり執着心をもっていたね(笑)。


★ガイ・リッチー監督の面白いところ、魅力は?
彼は常に頼れる存在だよ。リラックスしていてユーモアのセンスもあるんだ。撮影現場はのどかでハッピーだったよ。楽しんでいて、幸せで、みんな共同で作業をするという信念の持ち主なんだ。森でのチェイスシーンは、彼の中で前々からずっとイメージがあって、みんなに説明してくれたんだけれど、僕たちはどういう風になるのか最初分からなかったんだ。だから言われた通り走って、ジャンプしてってやっていたんだけれど、最終的に出来上がったものを見た時は本当にぶっ飛んだよ。でもガイはそれを最初から思い描いてやっていたんだよね。


★対象的な印象を持つロバートとジュードですが、2人が撮影するときはアドリブ?それともきっかり決める方?
1作目で僕たちは独特のプロセスを作りだしたんだ。まるで一瞬の稲妻をボトルに閉じ込めるような、その一瞬しかないというようなやり方さ。でも2度目はやりやすかったよ。それぞれが原作の好きなセリフなんかを集めた“バイブル”を持ちよった。それを基に色々なものを作り、遊んだよ。ロバートはそういうのが大好きなんだ。原作に基づきながらもクレイジーな笑っちゃうアイデアを詰め込んだものになったよ。


★ロバート・ダウニー・Jrの赤ちゃんが生まれたことについて
赤ちゃんが生まれたなんて知らなかったよ!本当に?もうすぐかなぁなんて思っていたけれど。いつだったの?…先週?何も知らなかったよ。君に電話して僕にはしなかったのか!?侮辱だ…これで友情はおしまいだ(笑)。でもいいニュースだね!
ジュード・ロウ

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』の来日記者会見に登場したジュード・ロウ。「ロバートのやつ!」(2012年02月15日撮影、日本/東京)(C)アフロ

★今までの映像化にないほどスタイリッシュなワトソン役ですが、今までのワトソンと違う点は?
ワトソンがバカだからシャーロックが引き立つ、ということではないと思うんだ。観客も賢いから賢くないといけないし、ホームズも愚か者とは旅をしない、対等な人物をパートナーに選ぶと思うんだ。ワトソンは肉体的にも動けるし、軍隊にいたしラグビー選手でもあったからね。愚か者にしておくのは勿体ないと思ったんだ。


★今注目の女優、ノオミ・ラパスとの共演の印象は?
ノオミはリハーサルの時から素晴らしかったよ。とても勇気もあり、自信があり、肉体的にもタフなんだ。とてもキャラクターに忠実でいようと常に考えていて、特にナイフさばきのシーンでは「ここでナイフを使いたいわ」「この人ここで殺してもいい?」って聞いていたよ。ガイは「いやいや、もうこれ以上殺さないでいいよ」ってなだめていたよ(笑)。


★『オスカー・ワイルド』で共演したスティーヴン・フライとの再共演、彼はホームズマニアとのことですが何かアドバイスをもらった?
とてもサポートしてもらったよ。彼はとにかくシャーロック・ホームズにとても詳しいんだ。シャーロック・ホームズ協会っていうのがあるんだけれど、彼が最年少のメンバーなんだそうだ。彼が作品に加わってくれてとても嬉しいよ。


映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』は3月10日(土)丸の内ルーブル他全国ロードショー。

[関連リンク] 映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』公式サイト


↓生まれ変わったホームズ像でガイ・リッチー起死回生の大ヒット!


  • twitter

    facebook