『味園ユニバース』の山下敦弘監督最新作『オーバー・フェンス』オダギリジョーがナレーションを務めた特報が解禁

2016/06/02 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『海炭市叙景』(10’/熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(14’/呉美保監督)に続く、孤高の作家・佐藤泰志原作の<函館三部作>最終章『オーバー・フェンス』が、9月17日(土)よりテアトル新宿他にて全国公開となる。

オーバー・フェンス

『味園ユニバース』の山下敦弘監督最新作『オーバー・フェンス』オダギリジョーがナレーションを務めた特報が解禁 ©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

本作は、原作者・佐藤泰志が執筆活動を諦めかけた頃、函館の職業訓練校にて過ごした自身の経験を基に執筆し、生涯最後の芥川賞の候補となった同名小説を、『マイ・バック・ページ』『味園ユニバース』など闇を抱えた人間たちに柔らかな光を与える名手・山下敦弘監督が映像化。

キャストは、主人公・白岩役にオダギリジョー、白岩と恋に落ちる女性・聡(さとし)役に蒼井 優、白岩と同じ職業訓練校の生徒・代島役に松田翔太など豪華キャストが出演。ほか脚本に高田亮、音楽に田中拓人、撮影に近藤龍人、照明に藤井勇と国内外で高く評価された『そこのみにて光輝く』のスタッフ陣が再集結。邦画界を支えるスタッフ・キャストが圧倒的な底力で紡いだ、壊れかけた男と女の愛の物語が誕生した。

そしてこの度、本作の特報とティーザービジュアルが公開された。


完成した特報では、冒頭人生を諦めかけ職業訓練校に通う白岩(オダギリ)と、愛を求め続けるホステス・聡(さとし/蒼井)が、自転車に2人乗りをして函館の夜を駆け抜ける。聡の手からは白い羽が宙に舞い、2人の甘い時間にうっとり。続いて聡のダンスシーンが登場。これまでにも『花とアリス』や『フラガール』でもダンスを披露してきた蒼井優さんですが、本作でも披露。美しく儚いダンスシーンの一部を、今回の特報で見ることができる。
『オーバー・フェンス』今回公開されたティーザービジュアル ©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

『オーバー・フェンス』今回公開されたティーザービジュアル ©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

その後、白岩と聡が激しくぶつかり合うシーンや、薄紫色の幻想的な夕空を眺めながら涙を流す聡、港で立ち尽くし泣き崩れる白岩の様子が流れ、生々しい恋愛が垣間見える特報に仕上がっている。

最後には、2人の満面の笑みと共に「美しく 壊れかけた 男と女の物語」のコピーが印象を残し、「こんな空っぽな俺だけど愛させてくれないか」とオダギリさんのナレーション。
オーバー・フェンス

『オーバー・フェンス』今回公開されたティーザービジュアル ©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

男と女が希望を求め、みえないフェンスの先を超えられるのか―白岩(オダギリ)がその先を見つめる顔で終わる。

そして、特報全編に渡り、民族楽器 バグパイプの音色が傷ついた男女を優しく包み込む。

映画『オーバー・フェンス』は9月17日(土)、テアトル新宿ほか全国ロードショー!

作品詳細はこちら
公式サイトはこちら

配給:東京テアトル+函館シネマアイリス(北海道地区)
©2016「オーバー・フェンス」製作委員会


  • twitter

    facebook