前人未到の完全1人称視点アクション『ハードコア』ヘイリー・ベネットのセクシーショット解禁

2017/03/14 19:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛する人を守るために謎の組織との壮絶な戦いを繰り広げる、完全1人称視点の前人未到のアクション新次元作品『ハードコア』が、2017年4月1日(土)より全国公開される。

2014年、新人監督イリヤ・ナイシュラーが公開した7分間の映像が瞬く間に世界中のネットトレンドを席巻した。全編一人称視点のみで撮影されFPS(ファースト・パーソン・シューター)さながらの臨場感を映しだした革新的で刺激的な映像にユーザーたちは驚き、興奮し、熱狂した。その後、長編映画として完成した『ハードコア』は、2015年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス観客賞受賞を皮切りに世界中の映画祭で上映、旋風を巻き起こした。

製作には『ウォンテッド』『ナイト・ウォッチ』などロシアの鬼才監督ティムール・ベクマンベトフが企画から惚れ込み参加。出演は『第9地区』『エリジウム』のシャールト・コプリーが“あなた“の相棒となり、スクリーンの中で変幻自在に躍動する。そして”あなた“の愛する妻には『ガール・オン・ザ・トレイン』のヘイリー・ベネット。さらに名優ティム・ロスが脇を固める。もちろん、他ならぬ主人公・ヘンリーは、あなた自身だ。

そしてこの度、本作に“オレの嫁”として出演するヘイリー・ベネットのセクシーな場面写真が解禁となった!

ハードコア

前人未到の完全1人称視点アクション『ハードコア』ヘイリー・ベネットのセクシーショット解禁 ©2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ヘイリー・ベネットと言えば昨年公開された『ガール・オン・ザ・トレイン』での失踪するセクシーな妻役や、『マグニフィセント・セブン』での旦那を殺され、復讐を誓う妻役など、今やハリウッドで幸の薄い妻を演じさせたら彼女の右に出る者はいないとも言われている。そんな数多くの大作で強烈な印象を残すなど、話題作への出演が相次ぎ、今やハリウッドで最も注目されている若手女優No.1との呼び声も高いヘイリー。なんと本作では主人公“オレ”の妻役で出演!
ハードコア

前人未到の完全1人称視点アクション『ハードコア』ヘイリー・ベネットのセクシーショット解禁 ©2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作でも相変わらず幸が薄く、傷だらけの“オレ”を改造人間にしてくれたと思ったら、謎の組織に誘拐されてしまう!愛するヘイリーがさらわれたら助けるしかない!今回解禁されたのはヘイリーが“オレ”の上でにっこりほほ笑むものから、“オレ”に機械の左腕を取り付けてくれる優しいヘイリーなど、今や全男子の夢でもあるヘイリーとのイチャイチャを実現してくれているたまらないものになっている。アクションだけでない本作の“映像革命”により期待が高まる写真となっている。

映画『ハードコア』は、4月1日(土) より、新宿バルト9他全国ロードショー!

【ストーリー】
目を覚ますと、そこは見覚えのない研究施設だった。妻のエステル(ヘイリー・ベネット)がヘンリーの腕に機械の腕を取り付けている。大きな事故があり、ヘンリーの身体は激しく損傷していた。機械の腕と脚を装着され、声帯を取り戻す手術に取りかかろうとした時、侵入者が襲い来る。謎の組織のリーダーであり圧倒的な能力を持った男エイカンは破壊行為を繰り広げる。なんとか脱出を試みるが、組織の包囲網によりエステルがさらわれてしまう。機械のパーツを取り入れたヘンリーは超人的な身体能力を駆使し、妻を救出する為、命を懸けた戦いに身を投じていく-。


公式サイトはこちら

R15+
配給:クロックワークス
©2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


  • twitter

    facebook