映画『ムーンライト』出演キャスト達が引っ張りだこ!!注目の作品に続々出演決定

2017/05/19 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした『ムーンライト』。一見そうは見えないが、実はものすごくピュアなラブストーリーだった!とジワジワ口コミで広がり続け、現在大ヒット公開中。本作は、自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽と共に3つの時代で綴った物語だ。

そして今、『ムーンライト』で才能を開花させた俳優たちが、さらなる進化を遂げ大活躍中!

映画『ムーンライト』より、マハ―シャラ・アリ © 2016 A24 Distribution, LLC

本作で主人公・シャロンの父親代わりのような存在となる麻薬ディーラーのフアンを演じ、本年度アカデミー賞助演男優賞に輝いたマハ―シャラ・アリは、J・C・チャンダー監督(「マージン・コール」2011、「オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜」2013)のアクションアドベンチャー映画『Triple Frontier』に出演が決定。またロバート・ロドリゲス監督(「スパイ・キッズ」)の最新作で、プロデューサー/脚本・ジェームズ・キャメロンという強力タッグで挑む、1990年~1995年にビジネスジャンプで連載されていた木城ゆきとのアクション漫画「銃夢」の実写化作品『Alita: Battle Angel』(2018年北米公開予定)にも出演が決まっており、現在撮影中だ。
ムーンライト

映画『ムーンライト』より、アシュトン・サンダース © 2016 A24 Distribution, LLC

10代のシャロンを演じたアシュトン・サンダースは、ルパート・ワイアット(「猿の惑星:創世記」2010)監督作『Captive State』に出演決定。
ジャレル・ジェローム

映画『ムーンライト』より、ジャレル・ジェローム © 2016 A24 Distribution, LLC

10代のケヴィンを演じたジャレル・ジェロームは、ニューヨーク・タイムズのベストセラーランキングでトップに輝いたスティーヴン・キングの小説「Mr. Mercedes」を原作にしたTVドラマシリーズに出演決定で現在撮影中。

また、ヒップホップ誕生の地であるニューヨークのブロンクスに生まれ育ち、生まれたときからヒップホップ文化に囲まれていたジェロームは、彼の友人でもあるTim Obzudとの共作で、EPアルバムを公開。そのタイトルは「Moonwalk」と付けられ、「ムーンライトに出会ってから、全てが変わったんだ。夢が叶っているし、最高の気分だ。まるで月面を歩いているような感覚なんだ。」と『ムーンライト』への敬意を示しました。いかに彼らにとって『ムーンライト』の存在が大きかったのかが分かる。

今後の『ムーンライト』のキャスト陣のさらなる飛躍に、是非注目していただきたい!

映画『ムーンライト』は、全国大ヒット公開中!!

公式サイトはこちら

配給:ファントム・フィルム
© 2016 A24 Distribution, LLC


  • twitter

    facebook