「舟を編む」の三浦しをん原作の苛烈なるサスペンスドラマ『光』を井浦新・瑛太主演で映画化!特報映像が解禁

2017/07/04 6:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている一作「光」が『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。2017年11月25日(土)より公開となる。かねてからの競演を望んでいた井浦新、瑛太のふたりの狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放っている。苛烈なる人間ドラマがここに誕生した。

そしてこの度、本作の特報映像が解禁となった。


完成した特報映像は、ごく普通のサラリーマンに見える信之(井浦新)、卑しい笑いを浮かべる輔(瑛太)の姿から始まる。テクノの王者として世界的な人気を誇るDJジェフ・ミルズが手がける切り裂くような音楽で画面は急転する。幸せそうな信之と南海子(橋本マナミ)の姿に被さる不穏な声。妖しく寄り添う信之と美花(長谷川京子)。南海子は誰かと激しく情事を交わしている。音楽は一層激しくなり、寂しそうな表情で涙を浮かべる輔。冷たい表情で輔の首を締める信之の姿が。「暴力で傷ついたら、暴力で返すしかないんだよ」信之の静かな狂気を感じるセリフで映像は終わる。

井浦新・瑛太の実力派俳優の鬼気迫る演技と、長谷川京子・橋本マナミ、美しい女優たちの体当たりの演技で贈る、人間の狂気を描く上質・かつ衝撃的サスペンスドラマを予感させる映像となっている。
光

「舟を編む」の三浦しをん原作の苛烈なるサスペンスドラマ『光』を井浦新・瑛太ら主演で映画化!特報映像が解禁 ©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会

映画『光』は、11月25日(土)、新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会


  • twitter

    facebook