番長役でハリウッド目指す!?『獣道』で映画デビューのアントニー メイキング&本編特別映像解禁

2017/07/11 8:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いた、伊藤沙莉、須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国公開となる。

獣道

番長役でハリウッド目指す!?『獣道』で映画デビューのアントニー メイキング&本編特別映像解禁! ©third window films

そしてこの度、本作で映画デビューを果たした、お笑い芸人アントニーの迫真の演技をおさめたメイキング&本編特別映像が解禁となった。


アントニーが演じるのは、地方都市で派閥を聞かせる番長・堅太(ケンタ)。今回解禁された特別映像は、ケンタがヤンキーから足を洗うことを決断し最後の派閥同士の決闘シーンに挑む撮影直前。アントニーが番長役になりきり、メイキングカメラを投げ散らすシーンだ。

同シーンについて内田監督は、「地下道で行われた乱闘シーンで一番気にしたのは『アントニーをカッコよく見せないこと』でした(笑)。お笑い芸人とはいえ、番長役で、不良少年たちを引率する姿が西海岸のラッパーのようで。モニターを見ていて「あ、カッコいいなアントニー」と思ってしまった自分がいました。カッコいい不良は好きじゃないので、いかにアントニーを貶めるか、そればかり考えていた乱闘シーンでした。」と、語る。お笑い芸人アントニーの普段の温厚な姿からは想像できない、番長アントニーの別の顔が見れる貴重なメイキング映像となっている。

「青春時代からとんでもないストーリーなんですけど、僕演じるケンタも不良で、結構どうしようもない奴らの集まりかと思えば、みんなやっぱり抱えているものがあって。それぞれがみんな変わっていくんですけど、いい方向に行ったり良くない方向に行ってしまったり。とにかく、老若男女楽しめる映画だと思うので、みなさんぜひ楽しんでください。アントニーの初俳優作品です。こっからもしかしたら、ハリウッドスターになるかもしれませんよ!」と、アントニーはクランクアップ後、初演技に自信を覗かせている。

映画『獣道』は、7月15日(土)シネマート新宿ほか全国公開!

公式サイトはこちら

©third window films


  • twitter

    facebook