一人の天才バレエ少女の運命を描いた話題のフランス・グラフィックノベルを映画化!『ポリーナ、私を踊る』ビジュアル&予告編が到着

2017/08/09 10:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BD書店賞、ACBD批評グランプリを受賞したバスティアン・ヴィヴェスによる話題のフランス・グラフィックノベルが映画化!『ポリーナ、私を踊る』が、10月28日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒュー マントラストシネマ渋谷他にて全国公開となる。

貧しい家庭環境で育ちながらも、ボリショイ・バレエ団のバレリーナを目指していたポリーナが、ある日コンテンポラリーダンスと出会ったことで彼女の運命が大きく変わっていく。本作は、ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わいながら、大人へと成長していく少女の物語。いまもなお人気の高い原作をもとに、よりリアリティと躍動感、そして伏線が張られたままのストーリーの空白部分に肉付けし、アーティスティックな作品へと昇華された意欲作。

監督はドキュメンタリーやショートフィルム、長編映画など幅広いジャンルの作品を手 掛けているヴァレリー・ミュラーと、自身もバレエダンサーでありコンテンポラリーダンスの振付家としても世界で活躍するアンジュラン・プレルジョカージュが共同で担当。

そしてこの度、本作の本ビジュアルと予告編が完成した。

ポリーナ、私を踊る

一人の天才バレエ少女の運命を描いた話題のフランス・グラフィックノベルを映画化!『ポリーナ、私を踊る』ビジュアル&予告編が到着 ©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema

完成した本ビジュアルで、なによりも目を引くのは主人公ポリーナ役を演じたアナスタシア・シェフツォワの美貌。普段はバレエダンサーとして活躍していた彼女は、ヨーロ ッパとロシア各地で行われたオーディションで約600人のダンサーたちの中から選ばれた期待のシンデレラガール。本作で映画デビューを果たした彼女だが、力強いまなざしとその美貌で、演技初挑戦とは思えないほどの存在感を発揮している。


ミステリアスな雰囲気漂う予告編では、厳しい規律の多いバレエの道を進み、ボリショイ・バレエ団への入団を目標としていたポリーナがコンテンポラリーダンスと出会い、「他人のフリを真似るのはイヤなの」と、自身を表現することに目覚めていく様子が映し出されている。数々の出会いと別れを繰り返す中で、彼女が見つけた“夢の先のステージ”とは何なのか―。クラシックバレエとコンテンポラリーダンスという2種類のダンスシークエンスが楽しめる本作で脇を固めるのは、グザヴィエ・ドラン監督『胸騒ぎの恋人』のニールス・シュナイダーとパリ・オペラ座の元エトワールであるジェレミー・ベランガール。さらにダンサーとしていくつもの舞台経験を持つ名女優ジュリエット・ビノシュも登場。華やかなダンス 界の光と闇を描き出した物語はダンスファンのみならず映画ファンをも唸らせる仕上がりとなっている。

映画『ポリーナ、私を踊る』は、10月28日(土)より ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー!

配給:ポニーキャニオン
©2016 Everybody on Deck – TF1 Droits Audiovisuels – UCG Images – France 2 Cinema


  • twitter

    facebook