映画『ダンケルク』世界で話題沸騰のフィルム上映をノーラン監督が語るメイキング映像解禁!日本でも35mm本編フィルムでの公開が決定

2017/08/23 8:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ダークナイト』『インセプション』と、新作ごとに圧倒的な映像表現と斬新な世界観で、観る者を驚愕させてきたクリストファー・ノーラン監督が、実際に起きた史上最大の救出作戦を描いた話題作『ダンケルク』が、9月9日(土)より日本公開となる。

公開に先駆け、『インセプション』以来7年ぶりの来日を果たすクリストファー・ノーラン監督。この度来日を記念して、世界中で話題沸騰のフィルム上映による“究極の映像体験”に迫るメイキング映像が解禁となった。


また、残念ながら日本では70mm本編フィルム上映は叶わないが、“観客に最高の体験を提供したい”というノーランのたっての希望により、8月23日に丸の内ピカデリー(東京)で開催されるジャパンプレミアでは、特別に35mm本編フィルムで上映。さらにノーランの希望に応え、丸の内ピカデリーでは公開初日の9月9日~9月18日の期間限定、ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)では9月23日~期間限定で35mm本編フィルムでの上映が決定した。
ダンケルク

『ダンケルク』世界で話題沸騰のフィルム上映をノーラン監督が語るメイキング映像解禁!日本でも35mm本編フィルムでの公開が決定 © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

デジタル化が進む映画業界で、以前からノーラン監督はフィルム上映で鑑賞する重要性を訴え続けており、「映画は劇場に行って鑑賞するもの。フィルムを使った理由は、映画を鑑賞するという体験の可能性を最大限に引き出したいから。観客をダンケルクに連れて行き、劇場にいる皆さんで体感できる鑑賞こそが、私の考える映画体験だ」とインタビューに応えている。解禁されたメイキング映像でも、「『ダンケルク』は大画面で描くべき超大作だ」と自信に満ちた口調でノーラン監督は語り始めている。

初の実話に挑んだノーラン監督の最大の目標は、ダンケルクの浜辺に、ドーバー海峡を渡る船上に、そして戦闘機スピットファイアのコックピットに、実際にいる臨場感を観客に体験させることだった。本作では全編をIMAXフィムルカメラと65ミリ・フィルムの組み合わせで撮影に臨んでいる。メイキング映像でも「70ミリフィルムの上映は壮大な物語を伝えるのに最適だ。観客はきっと大画面で堪能するだろう。その色彩と画質のクオリティをね。ゴーグル要らずのVR映像、まさに究極の映像体験だ。大画面でダンケルクを体験した人々の思いを体感してほしい」と締めくくり、圧倒的な臨場感をノーランは約束している。
ダンケルク

『ダンケルク』世界で話題沸騰のフィルム上映をノーラン監督が語るメイキング映像解禁!日本でも35mm本編フィルムでの公開が決定 © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

全世界で3億9,200万ドルを超える興行収入(Boxofficemojo調べ)を記録、快進撃を続ける『ダンケルク』を携え、ノーラン監督は8月23日のジャパンプレミア、24日の来日記者会見、YouTube Space TOKYOでのトークイベントに登壇。映画『ダンケルク』は、9月9日(土)、日本上陸を果たす。

公式サイトはこちら

配給: ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.


  • twitter

    facebook