映画『ジャスティス・リーグ』ガル・ガドットの参戦コメント付き特別映像が解禁

2017/08/31 7:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元祖アメコミ界の超人チーム『ジャスティス・リーグ』が、11月23日(木・祝)よりいよいよ公開となる。同作の原作コミックは、1960年に発表されて以降、現在も愛され続けており、あの『アベンジャーズ』よりも歴史のある究極の超人たちによるチームが遂に動き始める!そしてこの度、全世界で圧倒的な支持を受けるワンダーウーマンを演じたガル・ガドットから、“ジャスティス・リーグ”への参戦コメント特別映像が届いた。


解禁された映像では、ワンダーウーマンを演じたガル・ガドットが、「“ジャスティス・リーグ”にワンダーウーマンが参戦します。世界は1人じゃ救えない!!」とジャスティス・リーグへの参戦を声高に表明。続けて「だからフラッシュやバットマンと一緒に悪に立ち向かうの!」と、ヒーロー同士が共闘しなければならない理由を明かした。

スーパーマン亡き後、世界各地では正義が失われ犯罪が急増。混沌とした世界に追い打ちをかけるように更なる脅威が地球に迫っている。今回の危機はどうやら最 強美女戦士の彼女をもってしても一人では乗り切れないようだ。
ジャスティス・リーグ

映画『ジャスティス・リーグ』ガル・ガドットの参戦コメント付き特別映像が解禁 © 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

戦闘経験の無い世界最速の青年“フラッシュ”や、世界有数のお金持ちでありながら夜な夜な悪と戦っている孤独な男“バットマン”がリーダーを務めるなど、“ジャスティス・リーグ”の仲間たちはクセの強い超人ばかり。一見すると、そんなバラバラなチームで世界が救えるの?と思ってしまうほど。特に戦い方を知らないフラッシュは、強大な敵を前に、「僕は戦ったことなんかない!逃げ足が速いだけ!」と早くも戦線離脱かのような発言をしているが、こんなチームで本当に地球の危機を救えるのだろうか?

とても先行き不安な“ジャスティス・リーグ”だが、ガル・ガドットとフラッシュを演じたエズラ・ミラーはこのチームが最高だという。ガルは「私にとって一番特別だったことは、“ジャスティス・リーグ”の全員が衣装をまとって揃って戦闘シーンに挑んだ時が忘れられないわ。モニターチェックで全員がキャラクターになりきっている姿 をみたことが最高に印象に残っているのよ」と笑顔で語り、エズラは「僕はね、皆で一緒にいられることが本当に嬉しかったんだ。ただそれだけだよ!」と世界最速のフラッシュよろしく一言で簡潔に、しかし力強く答えている。

果たして、ワンダーウーマンが一人では勝てないという程の脅威とは、一体何なのか?そしてクセが強すぎる“ジャスティス・リーグ”のメンバーは上手くまとまることができるのか!?

DC が誇る、最強の超人たちが遂に集結!圧倒的なスケールで贈るアクション・エンターテイメント『ジャスティ ス・リーグ』は、11月23日(木・祝)、全国公開。

公式サイトはこちら

配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


  • twitter

    facebook