マリオン・コティヤール主演最新作『愛を綴る女』インタビュー&メイキング映像が到着

2017/10/06 12:44|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、絶賛された映画『愛を綴る女』が、10月7日に公開となる。熱烈な愛の手紙を綴る情熱的なヒロイン“ガブリエル”を演じるのは、『エディット・ピアフ~愛の讃歌』で米アカデミー主演女優賞を受賞後、国際的に活躍するマリオン・コティヤール。また、ガブリエルの“運命の男”には今やフランス映画界で絶大な人気を博すルイ・ガレル。そしてガブリエルの夫ジョゼ役には、バルセロナ出身の実力派、アレックス・ブレンデミュールとフランスが誇る豪華キャストが出演している。

愛を綴る女

マリオン・コティヤール主演最新作『愛を綴る女』インタビュー&メイキング映像が到着 © (2016) Les Productions du Trésor – Studiocanal – France 3 Cinéma – Lunanime – Pauline’s Angel – My Unity Production

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった。

そしてこのほど、主演のマリオン・コティヤールはじめ、ルイ・ガレルやアレックス・ブレンデミュールの撮影秘話など貴重なコメントの入ったインタビュー映像とメイキング映像が到着した。


映画『愛を綴る女』は、10月7日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー!

公式サイトはこちら

R-15+
配給:アルバトロス・フィルム
© (2016) Les Productions du Trésor – Studiocanal – France 3 Cinéma – Lunanime – Pauline’s Angel – My Unity Production


  • twitter

    facebook