注目のチリ出身監督パブロ・ララインが仕掛ける独創的文学サスペンス『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』予告編が解禁

2017/10/10 10:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けたチリ出身のパブロ・ラライン監督が祖国の英雄、パブロ・ネルーダの半生を描いた『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』が、11月11日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国ロードショーとなる。

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

注目のチリ出身監督パブロ・ララインが仕掛ける独創的文学サスペンス『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』予告編が解禁 by Diego Araya ©Fabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

本作のメガホンをとったのは、ピノチェト独裁政権の是非を問う国民投票における反対派のキャンペーン活動を描いた『NO』(12)で注目されたパブロ・ラライン監督。ネルーダと同じチリ人のララインが祖国の美しい自然は第二次世界大戦後の混乱期の生活を織り交ぜ、斬新で叙情的なサスペンス映画に仕立て上げた。ネルーダ役には、チリの映画界とTV界で最も知名度が高い俳優の1人であるルイス・ニェッコを起用。近年ではゴールデン・グローブ賞にノミネートされたNETFLIXオリジナルドラマ「ナルコス」にも出演し、活躍の場を国外へも広めている。またネルーダを追う警官・ペルショノー役を、メキシコを拠点に世界的に活躍するガエル・ガルシア・ベルナルが演じる。

そしてこの度、本作の予告編が完成した。


本編はルイス・ニェッコ扮するネルーダの行方を、ガエル・ガルシア・ベルナル扮する警官・ペルショノーが追跡する逃亡劇となっている。享楽主義であるネルーダは、芸術、そして酒と女を愛しながら貧しい人々にも寄り添う毎日を送っていた。ところがある日、政治犯とみなされ政府に追われることに。ネルーダを追う貪欲な警官ペルショノーは血眼でネルーダの行方を捜索するが、なかなか足取りをつかめないでいる。そんなペルショノーに対し、なぜだか追われる立場であるネルーダの方が「(捕まりたくはないが、ペルショノーを)近くに感じたい」と余裕を見せる。「捕まえてやる」と執念を燃やしながら雪山の中を一人歩き続けるペルショノーは、宿敵ネルーダを捕まえることができるのだろうか―?
ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

注目のチリ出身監督パブロ・ララインが仕掛ける独創的文学サスペンス『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』予告編が解禁 by Diego Araya ©Fabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

また映像にはネルーダの代表的な詩「大いなる歌」から引用した有名な「罪を与えよ!」のフレーズも盛り込まれている。政府に追われる身でありながらも、ネルーダがいかにして国民の心を動かす詩を生み出したのかが、いま明かされる。

映画『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』は、11月11日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他 全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:東北新社 STARCHANNELMOVIES
by Diego Araya ©Fabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016


  • twitter

    facebook