ホロコーストは真実か虚構か?レイチェル・ワイズ主演最新作『否定と肯定』日本版予告編が完成

2017/10/11 18:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年トロント国際映画祭正式出品作品、レイチェル・ワイズ、ティモシー・スポール、トム・ウィルキンソンというイギリスを代表する名優たちによる、ホロコーストを巡る法廷劇『否定と肯定』が、12月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開となる。

否定と肯定

ホロコーストは真実か虚構か?レイチェル・ワイズ主演最新作『否定と肯定』日本版予告編が完成 © DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

本作の元となった裁判は、欧米でセンセーショナルに報道され、注目を集め、議論を巻き起こし続けた。歴史とは、そして言論の自由の定義とは何なのか―。ユダヤ人歴史学者・リップシュタットは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズが熱演。対する歴史学者には『ターナー、光に愛を求めて』のティモシー・スポール、年長弁護士に『フィクサー』のトム・ウィルキンソンという老練の名優の競演が作品に重厚さを与えている。さらには大ヒットドラマシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のモリアーティ役を演じたアンドリュー・スコット、『ダンケルク』のジャック・ロウデンら人気急上昇中の若手俳優らが脇を固める。


揺るがぬはずの歴史上の事実を裁判で争うという衝撃の実話。このたび解禁となった予告編では、この裁判が当時いかにセンセーショナルでイギリスをはじめ世界中で注目を集めた大きな事件であったかが伺える。

歴史学者としてアメリカの大学で教鞭をとり、決して忘れてはならないホロコーストの事実を伝えてきたユダヤ人のデボラ・E・リップシュタット。彼女の講演にホロコースト否定論者のアーヴィングが突如現れ、聴衆の前で奇襲ともとれる口撃を始めた。その後、標的にされたリップシュタットは、アーヴィングの策略で自著をアメリカではなくシステムの異なる英国の司法制度のもとで名誉毀損で訴えられてしまう。

<起訴された側に立証責任がある>という不利な立場に置かれる中で、彼女は大きな声で“ホロコーストはなかった”と歪曲されようとする真実、声なき声を正しく世界に伝えるために、法廷という場で立ち向かうことを決意するが・・・・。

メディアを通して差別や偏見がいつの間にか広がり、真っ直ぐ に伝えるだけでは覆せないもどかしさを抱えるリップシュタット演じる、レイチェル・ワイズの真に迫った表情が胸に突き刺さる。彼女と、彼女の信念を支える弁護団チームの選択とはなんだったのか。歴史を揺るがしかねない大きな事態となった前代未聞の裁判の行方はー。まさにフェイクニュースが蔓延する、いまこの時代に見るべき1本となっている。

映画『否定と肯定』は、12月8日(金)、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:ツイン
© DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016


  • twitter

    facebook