『ハートロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』2018年1月26日公開決定!日本版ポスターも解禁

2017/11/10 8:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性初のアカデミー賞®監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』で、観客を主人公と共にイラクの地に、続く『ゼロ・ダーク・サーティ』では、オサマ・ビンラディンのアジトの中へと潜入させたキャスリン・ビグロー監督。徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで、常に観客を圧倒してきたビグロー監督が新たに挑むのは、1967年アメリカ史上最大級の“暴動”の最中に起こった“戦慄の一夜”の事件を描いた『デトロイト』だ。

そしてこの度、キャスリン・ビグロー監督最高傑作と呼び声高い本作の日本版第一弾ポスターが完成し、2018年1月26日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他、全国公開されることが決定した。

早くもアカデミー賞®最有力との呼び声が高い『デトロイト』は、アメリカの近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件が起きたデトロイトを舞台に、連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた“戦慄の一夜”の事件を描く、衝撃の実話の映画化作品。

センセーショナルな題材選びと、まさしく剛腕と呼ぶにふさわしい骨太な作風で、一作ごとに世界中を驚嘆させてきたキャスリン・ビグロー監督が、5年ぶりとなる待望の最新作を完成させた。『ハート・ロッカー』で一触即発のイラクの戦場へ、『ゼロ・ダーク・サーティ』で闇夜に包まれたビンラディンの隠れ家へと観客を引き込んだビグロー監督。彼女が今回観客を誘うのは今から半世紀前に起きた米史上最大級の暴動<デトロイト暴動>の最中に起きた“戦慄の一夜”の事件だ。入念なリサーチによる圧倒的なリアリティと臨場感を突きつめた体感型エンターテインメントの作り手としても他者の追随を許さないビグロー監督が、観る者にまばたきさえも許さない極限のサスペンスをスクリーンにみなぎらせ、来るアカデミー賞®レースを席巻するであろう最高傑作を誕生させた。

デトロイト

『ハートロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督最高傑作『デトロイト』2018年1月26日公開決定!日本版ポスターも解禁 © 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

縦にレイアウトされた原題「DETROIT」のロゴが強烈なインパクトを放つポスターは、暴動渦中のデトロイトで激しく衝突する民衆たちと、彼らを押さえ込もうとする警官の一触即発の瞬間をとらえたもの。本作でビグロー監督は、当時のドキュメント映像や写真をふんだんに使いながら凄まじい暴動の模様をリアルに再現。冒頭から観客を暴動の渦中へと引きずり込んでいく。

監督が「リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語る通り、1967年7月、アメリカを震撼させた事件の舞台、アルジェ・モーテルへと観客を引きずり込む。連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた一夜。そこで一体何が起こったのか。アメリカだけではなく、全世界を震撼させた禁断の真実が、今、明らかになる。

キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』は、2018年1月26日(金)より全国ロードショー。


公式サイトはこちら

配給:ロングライド
© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


  • twitter

    facebook