日本が誇る名優・藤竜也が魅せる孤高のハンターの生き様!『東の狼』予告編・新場面写真が解禁

2017/12/29 6:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なら国際映画祭の映画制作プロジェクト NARAtive(ナラティブ)として誕生した『東の狼』が、2018年2月3日(土)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開となる。

東の狼

日本が誇る名優・藤竜也が魅せる孤高のハンターの生き様!『東の狼』予告編・新場面写真が解禁 © Nara International Film Festival & Seven Sisters Films

100年以上前にニホンオオカミが絶滅した東吉野の村を舞台に、幻のオオカミを追い続ける孤高の老ハンターの執念とも言える生き様を描いた本作。

幻のオオカミを追い続ける主人公アキラを演じるのは、『村の写真集』(05)で上海国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞するなど国内外問わず活躍する日本映画界を代表する名優・藤竜也。監督は、世界が注目するキューバ出身の新鋭カルロス・M・キンテラ。卒業制作の短編がカンヌ国際映画祭などで注目を浴び、その後の初長編作品『The Swimming Pool』が様々な国際映画祭で受賞。なら国際映画祭のインターナショナルコンペティション部門でも入賞を果たし、NARAtiveの監督に抜擢された。エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、映画作家・河瀨直美。なら国際映画祭エグゼクティブ・ディレクターであり、自身の初の劇映画デビュー作となる『萌の朱雀』(97)でカンヌ国際映画祭カメラドールを最年少で受賞して以来、同映画祭で数々の賞を受賞。2017年には『光』がエキュメニュカル審査員賞を受賞する。世界から高い評価を集めるキャスト、スタッフが織りなす至高の人間ドラマがここに誕生した。

そしてこの度、本作の予告映像と場面写真が解禁となった。


予告の冒頭では奈良県・東吉野の雄大な自然の中に、藤竜也演じる主人公アキラの圧巻の狩猟シーンで幕を開ける。その本格的な身のこなし、緊迫した様子には見る者も思わず息をのむ。

100年以上前に滅んだとされる狼の存在を信じるアキラは、無断で猟師会の費用に手をつけ、村長の忠告にも怒鳴りたて、弟子にさえ呆れられている。今年で俳優歴55年となる日本が誇る名優藤竜也の貫禄の演技がよりその執念と悲哀に深みを与えている。幻の狼を求めて深い森へ入っていくアキラだが、予告の終盤ではついに洞窟の中で“何か”を見つける姿が映し出される。果たして彼が出会ったものとは。
東の狼

日本が誇る名優・藤竜也が魅せる孤高のハンターの生き様!『東の狼』予告編・新場面写真が解禁 © Nara International Film Festival & Seven Sisters Films

東の狼

日本が誇る名優・藤竜也が魅せる孤高のハンターの生き様!『東の狼』予告編・新場面写真が解禁 © Nara International Film Festival & Seven Sisters Films

東の狼

日本が誇る名優・藤竜也が魅せる孤高のハンターの生き様!『東の狼』予告編・新場面写真が解禁 © Nara International Film Festival & Seven Sisters Films

さらに同時に解禁された場面写真では、孤高のハンターである主人公アキラの頑固そうだがどこか哀愁ただよう表情が伺える。孤高のハンターとして生きてきた主人公の表情の機微を藤が見事に体現しているのがわかる場面写真となっている。

言葉と文化の壁を越えて、日本が誇る名優と新鋭監督が作り出した渾身の人間ドラマ『東の狼』は、2018年2月3日 新宿ピカデリー他全国順次公開!

配給:HIGH BROW CINEMA
© Nara International Film Festival & Seven Sisters Films


  • twitter

    facebook