クリント・イーストウッド監督がテロリズムの<真実>に迫る!『15時17分、パリ行き』待望の予告編解禁&コメント到着!!

2018/01/01 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『許されざる者』『ミニオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞®作品賞と監督賞を受賞、近年は『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』とリアルヒーローの真実を巧みに描いてきた巨匠クリント・イーストウッド監督。208秒の決断に迫った『ハドソン川の奇跡』では、実際の現場にいた人々がエキストラとして参加した。最新作ではさらに徹底してリアルにこだわり、主演の3人をそれぞれ本人が演じるというハリウッド映画史上前代未聞の試みに挑んだ。さらに当時の列車に居合わせた乗客たちも多数出演し、事件が起きた場所で撮影に臨んだ。究極のリアリティの追求は、87歳を迎えても尚、トップランナーであり続けるイーストウッド監督だからこそ成しえた新境地。普通の人々が奇跡を起こすストーリーと圧倒的リアリティが新たな真実を照らす。テロに立ち向かった3人の若者たちを描く究極の実話『15時17分、パリ行き』が、2018年3月1日(木)より全国ロードショーとなる。

2015年8月21日、554人の乗客を乗せてアムステルダムを出発した高速国際鉄道タリスがパリに向かって走る。車内には休暇を利用してヨーロッパ旅行中の3人の若者たち。アメリカから来た幼馴染の3人は快適な旅を楽しんでいた。だが、列車がフランス国境内に入った瞬間に事態は一変する。慌ただしく乗務員が通路を駆け抜けていく。一体、何が起こっているのか…。

この時、車内では乗客全員をターゲットした無差別テロ、通称《タリス銃乱射事件》が発生。トイレから漏れる自動小銃AK-47の装填音に気づいたフランス人乗客が取り押さえようとするが、イスラム過激派の犯人が発砲、被弾した乗客が重傷を負った。乗務員室は鍵で閉ざされ、乗客たちは絶体絶命の危機に瀕していた。極限の恐怖と緊張感の中、とっさに行動に移し阻止したのは、ヨーロッパを旅行中だった3人の心優しきアメリカ人の若者たちだった。

2017年でも世界中でテロが114件(11/7まで。公安調査庁調べ)起きている。いつ、どこで、誰もがテロに直面してもおかしくない今、ついに巨匠クリント・イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く。当事者の目線からテロの時代を生きる私たちに問いかける真実と現実。87歳を迎えても尚、現役の監督として新たなる挑戦を続けるトップランナーの最新作は、今を生きる全ての人々に捧げられた物語だ。

15時17分、パリ行き

クリント・イーストウッド監督がテロリズムの<真実>に迫る!『15時17分、パリ行き』待望の予告編解禁&コメント到着!! ©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC – – U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA c 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

「この映画はごく普通の人々に捧げた物語」だと語る監督は、旅行中の若者たちがテロに直面したとき、とっさに行動し554人を救ったことに敬意を表す。数年来、実在する等身大の英雄=リアルヒーローに焦点を当てた映画を撮り続けているイーストウッドにとって、《タリス銃乱射事件》を描くことは必然の選択だった。映画化に当たって、数多くの俳優たちに会ったイーストウッド監督は、ハリウッド映画史上初となる大胆なキャスティングに挑戦。テロを阻止した3人の若者たち本人こそふさわしい顔だと感じた監督は、スペンサー・ ストーン(写真左)、アレク・スカラトス、アンソニー・サドラー(写真中央)に、彼ら自身を演じてもらうことを決断した。前代未聞、大胆とも無謀とも受けとめられるこの挑戦について、「映画を観たらちょっと驚くと思う」と自信をのぞかせている。

なぜごく普通に若者たちは死に直面しながら、命を捨てる覚悟で立ち向かえたのか!?


予告編の映像は、銃を手にした犯人が乗客たちの車両へと歩を進める車両内の緊迫と、テロに立ち向かった3人の若者たちの生い立ちを綴っていく。「自分の過去を振り返ると、何を優先して生きてきたかがわかる」と励ます声に重なり、軍隊に入隊し厳しい訓練に励む青年、幼き日にベッドに身を託して祈りをささげる少年、学校でイジメに遭い、ふて腐れながらロッカーに八つ当たりする姿。そして、いつも温かく見守ってくれた母のハグなど、誰でも共感できる彼らの成長の葛藤が綴られていく。

「誰もが困難を避け、傷つくことから逃げてしまうけど、向き合わないとわからない事がある。夢を叶えようとすれば、必ず“変化”は訪れる。更なる高みを目指し、自分を追い込むのだ。眠っていた能力が呼び覚まされる。近道を探すな。本当の自分を信じろ。君にならできる。」我々に生きることはなんなのか?を問いかけるその声と彼らの人生がオーバーラップし、それぞれの試練を抱えながらも成長した3人の幼馴染は、つかの間の休暇を得る。ヨーロッパでの再会のハンドシェイクは、森を駆けた時に交わした少年時代と同じだ。旅先で、学生のアンソニー・サドラーに向かって、米空軍兵スペンサー・ストーンは「自分でもわからないけど、運命に押されている気がする」と言葉を交わす。

そして、運命の瞬間は刻一刻と迫る。その時、目の前には銃を持った男。3人の若者たちは、立ち上がるのだった。

【クリント・イーストウッドのコメント】

この映画はごく普通の人々に捧げた物語です。

彼らは旅行中の青年で、テロリストが電車に乗り込んできた時にとっさにアクションを起こし、多くの命を救うこととなりました。テロリストは300発近くの弾丸と銃を持っていました。悪事を企んでいたことは明白です。

私は、数多くの素晴らしい俳優たちと出会ってきました。おそらく彼らを起用したとしても素晴らしい仕事をしてくれたでしょう。しかし私は、この3人の若者たち自身に演じてもらうことこそ、もしかすると面白い試みなのでは?と思い始めました。私は彼らと共に、事件が起こった全く同じ場所で撮影を行いました。彼らは熱意をもって挑戦し、私たちは彼らを受け入れました。きっと映画を観れば、驚いてくれると思います。

3人のどこにでもいる普通の若者たちが、あの事件を体験した他の人々とともに、あの場所を再び訪れるという体験は、彼らにとっても心の浄化になったのではないかと思っています。

全世界待望のクリント・イーストウッド監督最新作『15時17分、パリ行き』は、3月1日(木)全国ロードショー。

公式サイトはこちら

配給:ワーナー・ブラザース映画
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC – – U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA c 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.


  • twitter

    facebook