ソフィア・コッポラ監督が描く極上の愛憎スリラー『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』本予告&第二弾ポスター解禁

2018/01/11 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフィア・コッポラ監督最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が、2月23日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開となる。

ソフィア・コッポラ監督の長編6作目となる本作は、過去のソフィア・コッポラ作品のイメージを大きく覆す新境地”スリラー”に挑んでいる。トーマス・カリナンが1966年に書いた小説「The Beguiled」を女性視点で描いた。本作を彩るキャスト陣にはソフィア映画史上最も豪華ともいえる面々が集まり、企画当初から話題を呼んだ本作は、第70回カンヌ国際映画祭にて女性として56年ぶり2人目の快挙となる監督賞を受賞!このニュースは一気に世界を駆け巡った。

アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人。ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―

そしてこの度、本作の第2弾ポスターおよび、予告編が解禁となった。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

ソフィア・コッポラ監督が描く極上の愛憎スリラー『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』本予告&第二弾ポスター解禁 ©2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

この度解禁されたポスタービジュアルには、大胆にも白を基調とした洗練されたデザインに主要キャラクターであるニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングの3人が大きく、そして唯一の男、コリン・ファレルを覆うベールのような薄いレースのカーテンには血の跡が描かれ、戦慄の物語を予感させる。「ひとりの男、狂いゆく女たち」という鮮やかな赤色のキャッチコピーとは対照的な白い装いで、それぞれ別の何かを見据える女性たちの視線は、美しくもつつましやかな冷酷さを感じさせる。


併せて解禁された予告編では、学園に住む7人の女性たちによって助けられたコリン・ファレル演じる兵士が介抱される様子から始まり、「君が必要だ」と甘く優しい言葉に惑わされるニコール・キッドマン、紳士的な兵士に心奪われ熱いキスを交わすキルスティン・ダンスト、したたかな誘惑の素振りをみせるエル・ファニングが映し出され、1人の男を巡り、彼女たちの眠っていた欲望が次第に目覚め狂ってゆく様が描かれる。

閉ざされた学園に住まう美しい女性たちの視線が交差し、やがて長らく守られていた秩序が崩壊していく。予告編の後半からは甘美な空気とは一変、シャンデリアが落ちる音を皮切りに、羨望のまなざしは憎悪へ。男と女たち、それぞれの思惑が絡み合う中、松葉杖を使い必死に走る兵士に待つ運命はどのようなものなのか、血の付いたドレスで立ち尽くすニコール・キッドマン、そして「俺に何をする!」と叫ぶコリン・ファレルの声を打ち消すように、静かに扉の鍵は閉められる。観る者の心をかき乱す、息もつかせぬ緊迫の予告編が完成した。

映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開!

公式サイトはこちら

配給:アスミック・エース STAR CHANNEL MOVIES
©2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


  • twitter

    facebook