女性バックパッカーが見舞われる“理由なき”監禁…映画『ベルリン・シンドローム』出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が解禁!

2018/02/06 13:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本、そして世界中で多発している女性監禁虐殺事件。その凶悪殺人犯に理不尽に襲われた被害者の恐怖と戦慄をスリリングに描いたメラニー・ジョーステンのベストセラー小説を、『さよなら、アドルフ』で注目されたオーストラリアの俊英ケイト・ショートランド監督が完全映画化。サンダンス映画祭をはじめ世界各国を震撼させたセンセーショナルで危険な問題作『ベルリン・シンドローム』が、4月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国ロードショーとなる。

ベルリン・シンドローム

女性バックパッカーが見舞われる“理由なき”監禁…映画『ベルリン・シンドローム』出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が解禁! © 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia

そしてこの度、女性バックパッカーが見舞われる出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が、劇場上映に先駆けて解禁となった。


オーストラリア人の女性カメラマン、クレア(テリーサ・パーマー)は、ベルリンでの旅行中、アンディと名乗る好青年(マックス・リーメルト)と出会い、たちまち心惹かれる。彼の自宅に招かれるが、甘い時間は一転、男との出会いは想像を絶する悪夢のはじまりとなる。扉は頑丈にロックされ、窓は強化ガラスで覆われ、彼女は自分が異常な男の周到な罠にはまってしまったことを知る。アンディはクレアを置いて何事もなく仕事へ向かい、拘束したクレアを撮影、知らぬ間に肩に“僕のもの”と書くなど偏愛ぶりを見せる一方で、若い女子に妖しい視線を向けるなどその異常ぶりが垣間見れる。クレアは自分が監禁される理由も分からず何度も脱出や抵抗を試みるが、他に誰も住んでいない集合住宅から脱出することができるのか――。
ベルリン・シンドローム

女性バックパッカーが見舞われる“理由なき”監禁…映画『ベルリン・シンドローム』出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が解禁! © 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia

主人公クレアを体当たりで演じるテリーサ・パーマーは『さよなら、アドルフ』が世界的に評価された同郷のケイト・ショートランドを最も好きな映画監督に挙げており、共に仕事をすることを切望していたといい、「ケイト・ショートランドは自然かつ信憑性のある作品を作る方法を知っていて、そこに重きを置いている。それをカメラを通して表現できる監督は今までいなかったわ」とその手腕を絶賛。クレアは秋から雪深い冬へと長きに渡り監禁されることになるが、アンディとの激しい攻防のみならず彼女の複雑な心理状況を見事に演じきったパーマーの熱演にもぜひ注目してほしい。
ベルリン・シンドローム

女性バックパッカーが見舞われる“理由なき”監禁…映画『ベルリン・シンドローム』出口なしの恐怖を捉えた日本オリジナル予告編が解禁! © 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia

映画『ベルリン・シンドローム』は、4月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国ロードショー!

公式サイトはこちら

R15+
配給:レスペ
© 2016 Berlin Syndrome Holdings Pty Ltd, Screen Australia


  • twitter

    facebook