カナダで最も有名な画家モード・ルイスの真実の物語『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』本編映像が解禁!

2018/02/08 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カナダで最も有名な画家モード・ルイスと夫エベレットの夫婦の絆を描き、世界の映画祭で観客賞を受賞した感動作『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』が、3月3日(土)より全国公開となる。

しあわせの絵の具

カナダで最も有名な画家モード・ルイスの真実の物語『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』本編映像が解禁! ©2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./Parallel Films (Maudie) Ltd.

カナダの風景と動物を描いたモードは、日本では知る人ぞ知る存在。しかしアメリカ大統領ニクソンから絵の依頼を受け、今なお小品でもオークションで500万円を超える人気を誇る、カナダで最も愛された画家である。わずか4メートル四方の家で絵を描きながら暮らすモードを演じるのは、『ブルージャスミン』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、本年度のアカデミー賞でも「シェイプ・オブ・ウォーター」で主演女優賞にノミネートされている実力派サリー・ホーキンス。また、妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットには、『6才のボクが、大人になるまで。』などでアカデミー賞ノミネート常連組のイーサン・ホーク。一風変わった夫婦の愛の絆を繊細に描くのは、『荊の城』のアシュリング・ウォルシュ。生きがいである絵と夫の愛に包まれた、モードという一人の女性の生き方を描き「どんな人生でも自由な精神で楽しめば、素晴らしいことが待っている」ことを教えてくれる感動作が誕生した。
しあわせの絵の具

カナダで最も有名な画家モード・ルイスの真実の物語『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』本編映像が解禁! ©2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./Parallel Films (Maudie) Ltd.

カナダ東部のノバスコシア州。小さな町で叔母と暮らすモード(サリー・ホーキンス)は、絵を描くことと自由を愛していた。ある日、商店で買い物をしていたモードは、荒々しく店に入り家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持つ。男は町はずれで暮らし、魚の行商を営むエベレット(イーサン・ホーク)だった。

この度、主人公のモード(サリー・ホーキンス)とエベレット(イーサン・ホーク)が運命的な出会いを果たす、本編映像が解禁となった。


解禁されたのは、モードが束縛の厳しい叔母から逃れるため、住み込みの家政婦になろうと決意した、彼女の人生のベクトルを変えた瞬間のシーン。孤独ではみ出し者同士の二人がこれから起こりうるトラブル続きの生活でどのように変化していくのか、ドラマチックな展開を期待させる動画となっている。

映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』は、3月3日(土)新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇他 全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:松竹
©2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./Parallel Films (Maudie) Ltd.


  • twitter

    facebook