内助の功で夫を成功に導いた“妻”と女性“スター歌手”!『グレイテスト・ショーマン』本当のバーナムの物語が明らかになる特別映像

2018/02/09 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『レ・ミゼラブル』の熱唱で世界を泣かせたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した才能溢れる音楽チームとコンビを組んで完成させた、映画史に残るゴージャスでスペクタクルなミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』が2月16日(金)に公開となる。

グレイテスト・ショーマン

内助の功で夫を成功に導いた“妻”と女性“スター歌手”!『グレイテスト・ショーマン』本当のバーナムの物語が明らかになる特別映像 © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作の主人公P.T.バーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。妻・チャリティへの一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。「特権階級の世界で暮らしていたチャリティが、多くを持っていないバーナムと一緒にいたいと思ったのは、彼がお金では買えないもの、つまり“想像力”を持っていたからだ。チャリティがバーナムの目で世界を観るとそこは魔法にかかった場所になる」とグレイシー監督が、到着した映像でも子供たちに想像力で魔法にかけているバーナムの想像力にチャリティが惚れこんだと分析する。ジャックマンもまた「一番気に入っているのは、危険を冒しても自分の夢を追いかけ、想像力を発揮すれば、人は素晴らしいことを達成できるという考えだ」と成功の鍵はバーナムの想像力にあることを明かす。

この度、特別映像が到着し、本当のバーナムの姿が明らかになった。


内助の功でバーナムの成功を支えたチャリティだけでなく、到着した映像ではバーナムを取り巻くもう一人の女性、世界的なスーパースターのジェニー・リンドの姿も映し出す。離れ業的なソプラノでヨーロッパでは人気を博したもののアメリカでは無名だった彼女は、バーナムのプロモーションにより、レディ・ガガに匹敵するほどの有名人になった。リンドが圧巻の歌声で魅了する楽曲“Never Enough”は、バーナムに対する“誘惑的な思い”を込めて熱唱する曲で、この曲を聞けばリンドのバーナムへの気持ちを容易に想像できる。そんな曲に乗って描かれる映像では、チャリティが、バーナムと暮らす家を出て行くシーンや、バーナムの型破りなショーに反対する根強い反対派の抗議など単なるサクセスストーリーではない物語の深さが垣間見える。

また、バーナムだけでなく、ザック・エフロン演じるバーナムの若き相棒フィリップとゼンデイヤ演じるバーナム一座のスター・アンとの恋愛にも触れられており、バームの物語だけでなく様々な恋愛にも期待が高まる。

映画『グレイテスト・ショーマン』は、2月16日(金)全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:20世紀フォックス映画
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation


  • twitter

    facebook