アカデミー賞脚本賞にノミネート!!映画『ビッグ·シック ぼくたちの大いなる目ざめ』主人公カップルの出会いのシーンを含む冒頭映像解禁

2018/02/14 13:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パキスタン出身のアメリカ人コメディアン クメイル·ナンジアニが“異文化結婚”の前に立ちはだかる、数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を、自身が脚本さらには主演を務め、全米で口コミによって大ヒットを記録した映画『ビッグ·シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(原題:THE BIG SICK)が、いよいよ2月23日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国順次公開となる。

ビッグ·シック ぼくたちの大いなる目ざめ

アカデミー賞脚本賞にノミネート!!映画『ビッグ·シック ぼくたちの大いなる目ざめ』主人公カップルの出会いのシーンを含む冒頭映像解禁 © 2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アカデミー賞脚本賞にノミネートされ、公開にむけて注目が高まる中、この度、主人公のクメイルが出演するコメディクラブに客として来ていたエミリーとのちょっと変わった出会いのシーンを含む本編の冒頭映像が特別解禁となった。


パキスタン生まれシカゴ育ちのコメディアンのクメイル(クメイル·ナンジアニ)は、アメリカ人大学院生のエミリー(ゾーイ·カザン)と付き合っていたが、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがバレて破局してしまう。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に陥ってしまう···

17年夏、全米でたった5スクリーンから始まった本作は、人種問題がさく裂するトランプ政権下に口コミにより2600スクリーンにまで拡大し、まさかの大ヒットを記録!サウス·バイ·サウスウェスト(SXSW)で観客賞、 第23回クリティクス·チョイス·アワードの最優秀コメディ映画賞を受賞するなど賞レースを席巻し、ついにアカデミー賞脚本賞ノミネートまで登り詰めた話題作だ。

今回解禁となった冒頭映像では、昼間はウーバーの運転手をしながら、生まれ故郷のパキスタンネタでコメディアンとして売れることを夢見るクメイルの日常が展開。そしてある日シカゴのコメディクラブのステージに立つクメイルに客席のエミリーが野次を飛ばしたことが発端で、言葉を交わすことになった二人の様子が。ステージ後、エミリーにむかって「さっき叫んでいたけど、僕は動転したし芸人を野次るのは失礼だ」と声をかけるクメイル。ロマンティックとは言えない二人の出会いが今後どうなっていくのか、期待が高まる冒頭シーンとなっている。

本作主演で、妻のエミリー·V·ゴードンとともに脚本も執筆したクメイル·ナンジアニは「この映画って、好き嫌いは別として、誰が見ても間違いなく“これは誰かの実体験だ”と感じてもらえるんじゃないかな。そこが自分では気に入ってるんだ。僕らにしか語れないストーリーだと思う。意外とそういう映画って少ないよね。いかにも作りましたって感じのものが多い。でもこの臨場感には、みんながビックリするんじゃないかな」と話す。全米をハッピーにした驚きの実話をぜひ劇場で!

映画『ビッグ·シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国順次ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:ギャガ
© 2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


  • twitter

    facebook