『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目!

2018/03/08 13:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が、4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開となる。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。監督がインディペンデントに戻り、家族の素晴らしさを描いた『gifted/ギフテッド』を経て、『サマー』から8年ぶりに描くファン待望の青春ドラマ。退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。

悩める主人公トーマスを瑞々しく演じるのは2018年冬公開『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演が決定した大注目の若手英国俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、『DOPE/ドープ!!』などで人気急上昇中の若手女優カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

そしてこの度、本作を彩る女性キャスト陣の衣装が目を引く新場面写真が解禁された。

ケイト・ベッキンセール演じる主人公の父の愛人ジョハンナ、シンシア・ニクソン演じる主人公の母親ジュディス、カーシー・クレモンズ演じる主人公が想いを寄せる女の子ミミ。それぞれのキャラクターに合わせマンハッタンの中で住まう地区も違う3人は、衣装でもそのカラーを体現している。

さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

高級ブティックが立ち並ぶソーホーに住みフリー編集者として働くジョハンナは、グレーのコートとサングラスでクールにまとめながら、ヴィヴィッドな色のバッグでハイセンスな遊び心をプラス。

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

若いアーティストが集うロウワー・イーストサイドに住むミミは、キュートなミニワンピースの日もあれば、黄色のニットコートにアクセントのベルト、ダメージジーンズをあわせてカジュアルに決める日も。

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

高級住宅街のアッパー・ウエストサイドに住む元アーティストのジュディスは、ブロンドの髪に映えるオリエンタルなシースルーガウンを。ゴージャスな印象からは「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズでシンシアが演じたミランダを思い起こす人もいるのでは?

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

また、ニューヨークの社交界には欠かせないパーティに、ジョハンナはボディラインが強調される黒のマーメイドドレス。

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

ミミは背中が大胆にあいたミニドレス。

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』オスカー受賞衣装デザイナーが手掛けるNYファッションに注目! © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

そしてジュディスは大ぶりの花柄が印象的な上品なネイビーのドレスを選択(写真3)。

日常もドレスアップも、個性を生かしたファッションを楽しむのがニューヨーカー流だ。

衣装を担当したのは『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でオスカー受賞歴を持つアン・ロス。彼女は『めぐりあう時間たち』(02)、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(11)、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』(14)などNYに暮らす人物が登場する作品の衣装を手掛ける、まさにNYファッションを熟知した人物。今回アンは各キャラクターを形作るため、ファスト・ファッションチェーンH&Mからオートクチュールまで幅広く調達し、NYに住むキャラクターをリアルに描くことに成功している。

劇中には今回解禁された以外の衣装も登場するので、本編を是非お楽しみに!

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開!


公式サイトはこちら

配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC


  • twitter

    facebook