兄弟のつながりができた!映画『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーの撮影初日エピソード

2018/04/16 12:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した映画『君の名前で僕を呼んで』。ゴールデン・グローブ賞主要3部門ノミネートを含む92部門の授賞&308部門ノミネート、映画レビューサイトのロッテントマトによる2017年度ベスト・レビュー映画NO.1と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれている。

君の名前で僕を呼んで

兄弟のつながりができた!映画『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメとアーミー・ハマーの撮影初日エピソードが到着 ©Frenesy, La Cinefacture

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙/「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙/「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙/「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙/「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める本作が、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となる。

そして今回、「ディカプリオの再来」の再来と言われ今最も注目されている新星ティモシー・シャラメと、共演のアーミー・ハマーの撮影初日のエピソードが到着した。

アーミー・ハマーが初めて現場に行った時、誰かがピアノを練習している音が聞こえたという。するとスタッフが“ああ、あれはティミー(ティモシーの愛称)だ”と教えてくれ、ティモシーが作中でも華麗に披露しているピアノの練習の真っ最中だったそうだ。「僕らは自転車に乗り、音楽を聴き、話をし、食事に出かけた。みんながスクリーンで僕らを見たように、色んな場所に出かけたよ」と、一緒に過ごすうちに、2人の間に絆が生まれたと語る。

そして、「ティミーとは素晴らしい友情関係を築いた。多分、これまでで共演した誰よりも。僕は彼が大好きだ。人間性という意味でも、凄すぎる才能という面でも、本当に特別な人間だ」と全幅の信頼を寄せていることがわかる。「彼のような若者が撮影現場に現れ、あれほどありのままに、飾らず誠実でいられることに圧倒された。素晴らしい表現者だと思う。自分も表現者として、もっと上を目指したいという気持ちにさせられた。」と俳優としても大絶賛!

対してティモシーも、「本当に良い関係なんだ。僕たちには兄弟のつながりができた。あんなに才能があって、たくさん学ぶことができる俳優と共演できるなんて、僕はなんて幸せ者なんだろう!」とアーミーとの共演について語っている。

圧倒的な才能を持つ2人の化学反応で生まれた、この作品。世界中が恋におちた2人の演技をぜひ、劇場でお楽しみいただきたい!映画『君の名前で僕を呼んで』は、4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー!


公式サイトはこちら

配給:ファントム・フィルム
©Frenesy, La Cinefacture


  • twitter

    facebook