あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁

2018/05/10 13:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年に全米公開、日本でも2000年に公開し大ヒットを記録し、社会現象にもなった伝説の音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。あれから18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”(さよなら)世界ツアーを収めた、ヴィム・ヴェンダース製作総指揮の音楽ドキュメンタリー『Buena Vista Social Club: Adios(原題)』の邦題を『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』とし、7月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開となる。

あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁 © 2017 Broad Green Pictures LLC

そしてこの度、本作の予告編と場面写真が解禁となった。


予告編で最初に聞こえてくるのは、ライブ会場に溢れる観客たちの割れんばかりの拍手。メイン・ボーカルをとるイブライム・フェレールの艶やかなボーカルとリズミカルな演奏が合わさった名曲「De Camio a La Vereda」が流れる中、当時一世を風靡したブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの熱狂のステージと、メンバーたちの過去の貴重映像が映し出される。そして、「あれから18年―」というテロップの次に聞こえてくるのはイブライムの即興の歌がすばらしいナンバー「Candela」。「最後の演奏は墓の中でするよ」と語るのはピアニストのルベン・ゴンサレス。そして「最期の最期まで歌い続けたいわ」と話すのは紅一点のボーカリストオマーラ・ポルトゥオンド。ギタリストのコンパイ・セグンドも「俺は遅咲きだったが、人生の花は誰にでも必ず訪れるよ」と語り、人生を重ねてきた彼らだからこその名言が心に響きます。最後は、鳴りやまないアンコールとともに“こんな完璧な続編はない!!”“愛に満ち、感動的”と、先だって公開された米メディアの絶賛のレビューで幕を閉じる。

また同時に、“アディオス”世界ツアーを追った劇中&メイキング写真も解禁となった。

あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁 © 2017 Broad Green Pictures LLC

あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁 © 2017 Broad Green Pictures LLC

あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁 © 2017 Broad Green Pictures LLC

あれから18年、“さよなら”世界ツアーの幕が上がる!『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁 © 2017 Broad Green Pictures LLC

ポスタービジュアルでも使用されているキューバらしいカラフルな車と、バンドでギター・ヴォーカルを務めるエリアデス・オチョアの後ろ姿の写真と、ピアノにスポットライトが当たり、スクリーン上にはイブライム・フェレールとルベーン・ゴンザレスの姿が映し出される写真からは、これまで彼らが歩んできた音楽の旅路を想わせる一方、ツアーの移動中の一コマや“アディオス世界ツアー”中のハバナのカール・マルクス劇場での写真では、エネルギッシュな姿をみせるメンバー。

“最後のステージ”を意識したブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの現メンバーを追ったカメラは、彼らのプロとしてのキャリアの浮き沈み、これまでのパーソナルな旅路やメンバーの死にも肉薄していく。音楽の女神に愛された彼らの人生のすべてが込められた、至極の音楽ドキュメンタリーがいよいよ日本公開!映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』は、7月20日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開!

公式サイトはこちら

配給:ギャガ
© 2017 Broad Green Pictures LLC


  • twitter

    facebook