デップーが爪野郎の大ヒットミュージカルに嫉妬!?『デッドプール2』日本のファンに向けたコメント映像が到着

2018/05/11 8:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”。ライアン・レイノルズ主演で映画化された『デッドプール』は、2016年に公開されるやいなや、全米では『アバター』や『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を超える20世紀フォックス映画史上最高のオープニング成績で3週連続No.1を記録。日本を含め世界120カ国でNo.1を獲得、全世界興収850億円を超える世界的現象となった。

そして、遂に予算もスケールも超グレードアップした全世界待望の続編『デッドプール2』が、6月1日、スクリーンにカムバックする。現在日本で、前作『デッドプール』を上回る興行収入5,006,496,800 円(5/8時点)の大ヒットを記録している『グレイテスト・ショーマン』に“殺したいほどジェラシー”を感じて、なんと《日本だけ》ミュージカルに変更した!という衝撃の事実が明らかとなった特別映像が到着した。


到着した映像は、「日本のみんな、ヒュー・ジャックマンのミュージカルが大人気らしいな。『デッドプール』より大ヒットかよ・・・殺したいほどジェラシーだ」と『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にも出演した過去を持ち、都合よく“X-MENファミリー”と名乗ったりもする俺ちゃんが、これまでにも何度もイジってきたウルヴァリンではなく、今度は、ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンを餌食にして、のっけからディスりまくり!。そんな“激ツヨな爪野郎”ジャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』の大ヒットに嫉妬した俺ちゃんは、なんと「新作映画を日本だけミュージカルに変更した」と自信満々!“便乗商法”(?)をした上に、ちゃっかりと前売り券の発売を促進して満足気。さらには、“評論家も絶賛”とあのジャックマン演じるバーナムが地上最高のショーを繰り広げた会場と思われる場所で自画自賛!!

デップーが爪野郎の大ヒットミュージカルに嫉妬!?『デッドプール2』日本のファンに向けたコメント映像が到着 © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

前作に引き続き脚本と製作総指揮を務めたレット・リースは、「ライアン・レイノルズは、コメディの天才だ。彼は、シリーズに関連するあらゆるものを笑いものにする」と明かしているようにいつも、ウルヴァリンを演じたジャックマンは格好のネタだ。リース同様に脚本家と製作総指揮を兼任するポール・ワーニックは、「若者がスパイダーマンに共感するのは、ダサい青年がマスクを付けて素晴らしいスーパーヒーローになるからだ。人が、デッドプールに親しみを感じるのは、彼が厳しい人生を送りながらも、なんとか乗り越え、笑い飛ばし、最後には打ち勝るからだ。『デッドプール』はコメディとして知られているが、本物のハートを持った作品だ」とただのおふざけだけでなく、感情に訴えるものがあると語る。

残念ながら、ここ日本はもちろん世界中どこでもミュージカルとしては公開されない本作だが、ワーニックの言葉を裏付けるように『グレイテスト・ショーマン』で世界中の人々の応援歌となった「This Is Me」に込められた“ありのままの自分で生きよう”というメッセージに勝るとも劣らない感動のメッセージが込められ、“激ツヨな爪野郎”の作品に負けないヒットになる可能性も!?益々公開に期待が高まる!

映画『デッドプール2』は、6月1日(金)全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


  • twitter

    facebook