遂に俺ちゃんが日本で大暴れ!?『デッドプール2』ライアン・レイノルズの来日が決定!

2018/05/11 18:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”。ライアン・レイノルズ主演で映画化された『デッドプール』は、2016年に公開されるやいなや全世界で大ヒットとなり、続編となる『デッドプール2』が、6月1日(金)より全国公開となる。

そしてこの度、遂にデッドプールを演じるライアン・レイノルズが自信作を引っさげ来日することが決定した!

デッドプール2

遂に俺ちゃん日本で大暴れ!?『デッドプール2』ライアン・レイノルズの来日が決定! © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

マーベルヒーローの中で最高に個性的なデッドプール。全世界に“デップー旋風”を吹き荒らした何から何まで常識ハズレのヒーローを映画の世界に連れてきたことについて、レイノルズは、「僕はあの映画を作ろうとして、ほぼ11年の人生をかけた」と俺ちゃん誕生までの長い道のりを振り返り、想いの強さを明かした。そんな前作では、ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門の作品賞にノミネートされた初の実写版スーパーヒーロー映画として称賛され、レイノルズも最優秀男優にノミネートされた。待望のどデカイ2発目となる本作では、前作の豪快で強烈なノリはさらに加速し、予想をはるかに超える興奮と笑いが、またもや全世界のハートを鷲掴みにする!

本作でメガホンを執ったデヴィッド・リーチは、「ライアンは、コミックブックのキャラクターを自分のブランドにしてしまった。彼は現実世界で、まさにデッドプールなんだ」と絶賛する。デッドプールのクリエイターのロブ・ライフェルドは「コミックを裏切っておらず、最大・最高の世話と愛情が注がれているから、映画が“デッドプール”のベストだ。なによりライアンは、デッドプールとぴったり合っている」とキャラクターの産みの親までも、リーチ監督同様に“デッドプール=レイノルズ”だと唸る。

そんなデッドプールが自信作を引っさげ遂に日本へ!5月29日(火)には、本作に出演している我らが日本代表・忽那汐里さんと共に作品の世界観をイメージした大規模なレッドカーペットイベントに参加予定だ。俺ちゃんが大好きなキティの国・日本でライアン・レイノルズは一体何を語るのか?

先日は、世界的歌姫セリーヌ・ディオンとのコラボで世界中を驚愕させたデップー。何をしでかすか分からない俺ちゃんの日本での振る舞いにも期待が高まる。

映画『デッドプール2』は、6月1日(金)全国公開‼


公式サイトはこちら

配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


  • twitter

    facebook