アンディ・サーキス監督や主演のアンドリュー・ガーフィールドが泣きはらした感動作『ブレス しあわせの呼吸』予告編解禁!

2018/05/15 10:00|映画・TV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自身の両親の奇跡のような実話を映画化した感動作『ブレス しあわせの呼吸』が、9月7日(金)より角川シネマ有楽町他全国公開となる。

アンディ・サーキス監督やアンドリュー・ガーフィールドが泣きはらした感動作『ブレス しあわせの呼吸』予告編解禁! © 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

そしてこの度、1950年代にアフリカでポリオに感染したロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサンが自ら映画化した本作の前向きさ、陽気さ、揺るぎない家族愛が伝わる予告編が解禁となった。


運命の恋に落ちたロビンとダイアナの幸せな日々は、ロビンが病に倒れ、ポリオの診断が下されたことで一変。首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできず、余命数ヶ月を宣告されてしまう。生きる気力をなくしたロビンに対して、息子を授かったばかりのダイアナは「この子の成長を見届けてほしい」と願い、医師の反対を押し切り自宅での看病を決意。兄弟や友人たちの力を借りながら、ロビンと息子ジョナサンと家族で生活することに。ロビンのふとした思いつきがきっかけで呼吸器付きの革新的な車椅子を開発してメディアが取材に押しかけたり、障害研究の専門家たちの前で「ただ呼吸するだけでなく、人間らしく生きたい」と重度障害者のクオリティ・オブ・ライフについて演説するなど、運命に甘んじず、外の世界に飛び出し人生を謳歌していく様子が描かれていく。笑顔いっぱいで時におどけたような表情まで見せるロビン演じるアカデミー賞®ノミネートのアンドリュー・ガーフィールド、夫への揺らがない愛と芯の強さを感じさせるダイアナ演じるゴールデン・グローブ賞女優クレア・フォイという演技派ふたりによる夫婦の姿が、厳しい運命にひるむことなくポジティブに生きた実在の家族の物語により説得力を与えている。

ジョナサン・カヴェンディッシュは、父ロビンの生涯が人の心を動かす映画の題材になると信じていたといい、プロデューサーにして物語と重要な接点を持つ息子として製作のあらゆる局面で奔走。本作が初長編監督デビュー作となるアンディ・サーキスとアンドリュー・ガーフィールドは本作の脚本を初めて読んだ時泣きはらしたという。ガーフィールドは、脚本を初めて読んだ時に感じたことについて、「沢山泣いて、心を大きく動かされて、大好きになった。“運命がもたらす状況の中で、どうやって喜びに満ちた生き方をするのか”というロビンとダイアナの足跡をたどるロードマップのように感じられたんだ。とても正直で、具体的で、知恵に溢れていて、“どう生きるか”という問いに答えてくれたんだ。」と熱く振り返っている。

アンディ・サーキス監督やアンドリュー・ガーフィールドが泣きはらした感動作『ブレス しあわせの呼吸』予告編解禁! © 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

また、5月19日(土)より<抗菌マスクケース>付きムビチケカード(税込1,400円)本作の一部上映館などにて発売開始!(特典は数量限定・非売品/色は選べません)

映画『ブレス しあわせの呼吸』は、2018年9月7日(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー!

公式サイトはこちら

配給:KADOKAWA
© 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved


  • twitter

    facebook