ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』試写会
ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』試写会
バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演を全国の映画館で上映する『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』の12作目、今期のフィナーレを飾るロイヤル・バレエ『白鳥の湖』の試写会に5組10名様ご招待!

2018年のバレエ界最大の話題作!
初日から絶賛の嵐を呼んだ31年ぶりの新プロダクション版!
若き天才振付家リアム・スカーレットの手によって生まれ変わった
「白鳥の湖」。 鮮烈で壮麗な愛の傑作が誕生!

1890年代、女王の側近に化けた悪魔ロットバルトに操られた宮廷が舞台。花嫁を選ぶことを強いられている悩める王子ジークフリートは、白鳥の姿に変えられたオデット姫が夜のひと時、人間に戻る様子を見て恋に落ちる。オデットは誰も愛したことがない者の真実の愛の誓いだけが、この呪いを解くことができると語る。だが結婚相手を選ぶ舞踏会で、ジークフリートはオデットと、瓜二つの妖艶なオディールに魅せられ、愛を誓ってしまう。ロットバルトは悪魔の正体を現し、オデットへの誓いは破られた。裏切りを知ったオデットは絶望し、死ぬことでしか呪われた運命からは逃れられないと悟る。許しを乞う王子は湖畔にやってくるが…。

チャイコフスキーの美しい旋律に乗せた、クラシック・バレエの不朽の名作がロイヤル・バレエ団によって、31年ぶりに新演出によるプロダクションに一新!従来の2幕の白鳥たちが舞う湖畔のシーンはそのままに、気鋭の美術家ジョン・マクファーレンによる絢爛たる舞台美術、弱冠31歳の振付家リアム・スカーレットによる新しい振付と設定を加えた。英国バレエ伝統の演劇性を強調した演出により、鮮烈で壮麗な愛の傑作が誕生!

ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』
【振付】マリウス・プティパ / レフ・イワノフ
【追加振付】リアム・スカーレット / フレデリック・アシュトン
【演出】リアム・スカーレット
【美術・衣装】ジョン・マクファーレン
【作曲】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
【指揮】クン・ケセルス
【出演】マリアネラ・ヌニェス(オデット / オディール)、ワディム・ムンタギロフ(ジークフリート王子)、ベネット・ガートサイド(ロットバルト:悪魔 / 女王の側近)、エリザベス・マクゴリアン(女王)、アレクサンダー・キャンベル(ベンノ:ジークフリートの友人)、高田茜、フランチェスカ・ヘイワード(ジークフリート王子の妹たち)

2018年8月24日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか、全国順次公開!!
【公式サイト】http://tohotowa.co.jp/roh/
試写会概要
日程: 8月22日(水)
時間: 17:30 開場/18:00 開演
(上映時間:3時間24分予定)
場所: 東宝東和試写室
(〒102-8537 東京都千代田区一番町18 Kawakita Memorial.Bldg.1F)
地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅下車5番出口より徒歩3分
http://tohotowa.co.jp/company/access.html
ご招待人数: 5組10名様
締め切り: 8月15日(水)正午
※当選者には、試写状ではなくメールにてご連絡いたします。
応募フォーム
<個人情報取り扱いについて>
※本件の応募時に記入いただいた個人情報は、株式会社デジタルタイムワープが管理いたします。
※次の目的のためにのみ使用し、抽選終了時に破棄いたします。
・試写会等のイベント参加応募、当選者選定、当選者へのご連絡(案内状の発送)
・個人情報を統計的に分析し、個人を特定できない形態に加工した統計データを作成するため

配給:東宝東和
©ROH.Photo by Bill Cooper