「等閑に付す」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

「等閑に付す」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

「等閑に付す」の意味や使い方について分かりやすく説明します。

この表現は、物事を軽視したり、あまり重要視しなかったりすることを意味します。

例えば、ある人が難しい問題を等閑に付すと、その人はその問題を簡単なものとして軽く考えてしまい、真剣に取り組まない可能性があります。

この表現は日常会話や文章で使われることがあり、人々の注意を引く表現方法でもあります。

それでは詳しく紹介させて頂きます。

「等閑に付す」の意味と使い方

意味

「等閑に付す」とは、軽んじたり、軽々しく扱ったりすることを意味します。

何かを慎重に扱うことなく、軽々しく取り扱う様子を表現する熟語です。

使い方

例文:彼は大切な仕事を等閑に付す態度を見せた。

この熟語は、相手の気持ちや物事の重要性を軽視する様子を表すために使われます。

例えば、仕事や責任、関係性などを軽んじたり、軽々しく扱ったりする場合に用いられます。

注意が必要な状況であっても、十分な重要性を認識せずに行動することを指して使われることがあります。

注意

「等閑に付す」は、日本語の古い表現の一つであり、現代ではあまり使われない言葉です。

そのため、会話や文章で使う際には、相手が理解できるかどうかを確認する必要があります。

また、軽蔑や非難の意図を伝える場合に使われるため、相手に対して失礼にならないように注意が必要です。

等閑に付すの間違った使い方の例文とNG部分の解説

NG例文1:

彼女との関係を等閑に付すことはできない。

NG部分の解説:

「等閑に付す」は正しい表現ではありません。

「等閑に」と「付す」は別々に使われるべきです。

正しい表現は「彼女との関係を軽視することはできない」となります。

NG例文2:

彼の問題を等閑に付すことはできます。

NG部分の解説:

同様に、「等閑に付す」は正しくありません。

「等閑に」と「付す」は別々に使われるべきです。

正しい表現は「彼の問題を軽視することはできます」となります。

NG例文3:

彼女の感情を等閑に付してしまいました。

NG部分の解説:

「等閑に付する」という表現も正しくありません。

「等閑に」は形容詞的に使われるべきであり、動詞との組み合わせは適切ではありません。

正しい表現は「彼女の感情を軽んじてしまいました」となります。

等閑に付すの5つの例文と書き方のポイント解説

例文1:

彼は等閑に付すような態度で私の話を聞いた。

書き方のポイント解説:

等閑に付すという表現は、相手が興味や関心を持たずに態度をとることを指します。

この表現を使用することで、話を軽んじられたり軽視されたりした感じを伝えることができます。

例文2:

彼女は等閑に付すことなく、真剣に私の相談に応じてくれた。

書き方のポイント解説:

この例文では、等閑に付すことなくという表現を使用しています。

これにより、彼女が真剣に相談に応じてくれる姿勢を表現しています。

等閑に付すという表現を否定的な意味合いではなく、むしろ肯定的に使って、相手の態度が真摯であることを示すこともできます。

例文3:

彼の等閑に付した態度に腹が立った。

書き方のポイント解説:

この例文では、等閑に付した態度という表現を使用しています。

この表現は軽蔑的な意味合いを持ち、相手の態度が自分を無視しているように感じることを表しています。

腹が立ったという表現を使うことで、自分の怒りや不快感を強調することができます。

例文4:

挑戦を等閑に付すことなく、彼は常に新しいことに挑戦し続けている。

書き方のポイント解説:

この例文では、等閑に付すことなくという表現を使用していますが、この場合は肯定的な意味合いを持ちます。

彼が挑戦を重要視し、真摯に取り組んでいることを示しています。

等閑に付すが否定的な意味合いを持つ表現であるため、文脈によっては肯定的な意味で使われることもあるので注意が必要です。

例文5:

授業中にスマートフォンを操作する生徒たちに対して、先生は等閑に付せず注意を促した。

書き方のポイント解説:

この例文では、等閑に付せずという表現を使用しています。

これにより、先生が生徒たちの態度を軽視せず、注意を喚起している様子を表現しています。

等閑に付すという表現が否定的な意味合いを持つことを利用して、注意を強調することができます。

等閑に付すの例文について:まとめ等閑に付すの例文についてまとめると、この例文はある特定の事柄や状況に対して、それを取るに足りない、軽視してよいという意味を持っています。

例文の中では、特定の事柄や状況について、それほど重要ではないという態度を示しています。

例文の中では、相手が行おうとしていることを無視したり、軽くしか受け取らなかったりする様子が描かれています。

このような例文を使用することで、相手の意見や行動を軽視したり、重要視しなかったりする態度を表現することができます。

例文の使用方法には注意が必要であり、相手の感情を害する可能性もあるため、適切な場面やタイミングで使用することが重要です。

また、文脈によっては冷たい印象を与えることもありますので、注意が必要です。

等閑に付すの例文は言葉の力を借りて、相手に自身を表現する手段の1つとして使用することができます。

ただし、相手の感情や状況を軽視することになるため、使用する際は慎重に考える必要があります。

以上が、等閑に付すの例文についてのまとめです。

この例文を使用する際は、相手の感情や状況を考慮し、適切な場面やタイミングで使用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です