「踏み切る」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

「踏み切る」の例文と意味・使い方をビジネスマンが解説

「踏み切る」の意味や使い方について、わかりやすく説明いたします。

この表現は、日本語の中でもよく使われる表現のひとつです。

この言葉は、何か新しいことに積極的に取り組む、あるいは困難な局面に立ち向かうといった意味合いを持っています。

例えば、新しい仕事にチャレンジしたり、困難な状況に臆せず立ち向かったりするときに使われることがあります。

「踏み切る」という表現は、そのような積極的な行動を表現する際に使われることが多いです。

では、詳しく紹介させていただきます。

「踏み切る」の意味と使い方

意味

「踏み切る」は、ある行動や決断をすることを意味します。

何か新しいことに取り組むために、一歩を踏み出すことや始めることを表現します。

また、困難な状況に立ち向かうために勇気を持って行動することも含みます。

使い方

例文1: 新しい学習法を踏み切って試してみよう。

例文2: 彼は困難な人生を踏み切る覚悟を持っている。

例文3: 今こそ新しいキャリアへの転職を踏み切る時だ。

踏み切るの間違った使い方の例文とNG部分の解説

NG例文1

「私は友達と踏み切るで遊びました。

NG部分の解説

「踏み切る」は、踏み切りという交通道路や鉄道の線路を横断する場所を指す名詞です。

動詞として使う場合は、「踏み切る」という表現ではなく、「踏み越える」や「渡る」といった言葉を使うべきです。

NG例文2

「彼女は難しい問題に踏み切ることができます。

NG部分の解説

「踏み切る」は、交通道路や鉄道の線路を横断する行為を指す言葉です。

この文脈では、「踏み切る」という表現は適切ではありません。

代わりに「取り組む」や「挑戦する」といった言葉を使用することが適切です。

NG例文3

「新しいプロジェクトに踏み切る前に、計画をよく考えるべきです。

NG部分の解説

「踏み切る」は、交通道路や鉄道の線路を横断する行為を指す言葉です。

この文脈では、「踏み切る」という表現は適切ではありません。

代わりに「開始する」や「始める」といった言葉を使用することが適切です。

踏み切るの5つの例文と書き方のポイント解説

例文1:

私は踏み切りの前に止まり、列車が通り過ぎるのを待ちました。

書き方のポイント解説:

この例文では、踏み切りの前での待機と列車の通過の二つのアクションが示されています。

「私は踏み切りの前に止まり」という表現は、踏み切りに到着した状況を表しています。

また、「列車が通り過ぎるのを待ちました」という表現は、列車の通過を待つ行動を示しています。

例文2:

彼は踏み切りを渡る前に十分に注意しました。

書き方のポイント解説:

この例文では、踏み切りを渡る前に注意するという行動が示されています。

「彼は踏み切りを渡る前に」という表現は、踏み切りを渡る直前の状況を表しています。

また、「十分に注意しました」という表現は、彼が安全に踏み切りを渡るために慎重に行動したことを示しています。

例文3:

彼女は踏み切りを渡ろうとする人々に声をかけました。

書き方のポイント解説:

この例文では、彼女が踏み切りを渡ろうとする人々に声をかけるという行動が示されています。

「彼女は踏み切りを渡ろうとする人々に」という表現は、彼女が関係する人々を指しています。

また、「声をかけました」という表現は、彼女が他の人々に対して話しかけたことを示しています。

例文4:

私たちは踏み切りで待っていたとき、列車が突然現れました。

書き方のポイント解説:

この例文では、私たちが踏み切りで待っていたという状況と、列車が突然現れたという出来事が示されています。

「私たちは踏み切りで待っていたとき」という表現は、踏み切りでの待機状況を表しています。

また、「列車が突然現れました」という表現は、列車が予想外のタイミングで現れたことを示しています。

例文5:

子供たちは踏み切りで遊んでいるところ、列車が通り過ぎました。

書き方のポイント解説:

この例文では、子供たちが踏み切りで遊んでいたという状況と、列車の通過が示されています。

「子供たちは踏み切りで遊んでいるところ」という表現は、子供たちが踏み切りで遊んでいる場面を表しています。

また、「列車が通り過ぎました」という表現は、列車が子供たちの近くを通り過ぎたことを示しています。

踏み切るの例文について:まとめ踏み切るの例文をまとめると、以下のようなポイントがあることがわかりました。

1. 目的を明確にすること踏み切るの例文を作成する際には、まず目的を明確にすることが重要です。

例えば、ビジネスのプレゼンテーションや学術の論文など、使う場面や目的によって例文の内容やスタイルが異なります。

2. 簡潔でわかりやすい表現を心がけること踏み切るの例文は、相手に自分の意図や要望を正確に伝えるために必要なものです。

そのため、できるだけ簡潔でわかりやすい表現を心がけることが重要です。

冗長な表現や専門用語は避け、共通の言葉や具体的なイメージを使うことで伝わりやすくなります。

3. 文脈に合わせた例文を作成すること踏み切るの例文は、その文脈に合わせて作成する必要があります。

例えば、ビジネスの場面ではフォーマルな言葉遣いや敬語を使う必要があるかもしれません。

一方、友人へのメッセージなどカジュアルな場面では、くだけた表現や自分らしい口調を活かした例文が効果的です。

以上のポイントを押さえながら、踏み切るの例文を作成することが大切です。

具体的な例文の練習や他の人の例文を参考にしながら、自分なりの表現力を高めていきましょう。

相手の理解や共感を得るために、効果的な例文を作成することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です