『退職率』と『離職率』の意味と違いとは?分かりやすく講義

『退職率』と『離職率』の意味と違いとは?分かりやすく講義

この記事では『退職率』と『離職率』の違いについてをわかりやすく講義させて頂きます。
それぞれの意味と使い方や表現を理解してしっかり使い分けましょう。

『退職率』の意味とは

『退職率』とは、ある組織や企業において、一定の期間内の退職者の数を全従業員数で割った割合のことを指します。具体的には、例えば1年間で100人の従業員が退職し、その時点での従業員数が1000人であれば、退職率は0.1 (10%) となります。退職率は、組織の労働力の流動性を示す指標として利用されることがあります。

類語・言い換えや詳細

1. 労働市場の流動性を示す指標
2. 複数年度や部門ごとの比較が可能
3. 人材の定着率や離職理由の分析に利用される

『離職率』の意味とは

『離職率』とは、ある組織や企業において、一定の期間内に退職した従業員数をその期間の平均従業員数(または年初・年末の従業員数)で割った割合のことを指します。具体的には、例えば1年間で100人の従業員が退職しながらも、その時点での従業員数が1000人であれば、離職率は0.1 (10%) となります。離職率は、組織内の人材の流動性や定着率を把握するために使用されることがあります。

類語・言い換えや詳細

1. 人材の流動性や定着率を把握する指標
2. 多くの従業員が長期にわたって勤務する場合に低い値となる
3. 人材の継続的な投資や定着施策の効果を評価するために利用される

『退職率』と『離職率』の違いと使い方

『退職率』と『離職率』の違いは、計算対象となる退職者の数の違いにあります。退職率では、一定期間内に退職した従業員数を全従業員数で割るため、組織全体の従業員の流動性を示す指標となります。一方、離職率では、一定期間内に退職した従業員数を平均従業員数で割るため、組織内の従業員の流動性や定着率を把握する指標となります。使い方としては、退職率は組織の労働力の流動性を評価したり、複数年度や部門ごとの比較を行ったりする際に利用されます。一方、離職率は組織内の人材の流動性や定着率を把握し、人材の継続的な投資や定着施策の効果を評価する際に利用されます。

まとめ

『退職率』と『離職率』は、組織や企業の労働力の流動性や定着率を評価するための指標です。退職率は全従業員数で割った割合を表し、組織の労働力の流動性を示します。一方、離職率は平均従業員数で割った割合を表し、組織内の従業員の流動性や定着率を把握するために利用されます。適切に使い分けて、組織の人材戦略や労働環境の改善に役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です